悪徳業者に注意を

適正価格を知ることの重要性

外壁塗装のリフォーム工事において、国民生活センターが公表している被害相談件数は毎年右肩上がりに増加しています。外壁塗装は専門家以外には塗装工事の品質がわかりづらいため、塗料や塗る回数をごまかす悪徳業者が存在します。被害者にならないためにも第三者機関を通じて適正価格を知り、優良な業者を見極める必要があります。 注意が必要な業者としては、飛び込みの訪問販売や、あり得ないほどの大幅な割り引きをしてお得感を出したり、モニター価格や外壁のみの塗装で100万円を超えているなどの業者があげられます。 また、各塗料メーカーが公表している「設計価格表」というものがあります。この価格表を参考に、実際の塗装面積を当てはめて比較検討することで大きな失敗はありません。さらに、1社で決定せず数社から見積もりを取り、会社の雰囲気や対応、まわりの評判などこらも判断することでより満足したサービスを受けられるでしょう。

家にも環境にもやさしい外壁塗装材

新築で家を建てて10年経つと、外壁は紫外線の影響や雨風により汚れや色褪せが気になってきます。外壁塗装することで見た目が綺麗になり建物を防水して寿命を延ばすことができます。 新築時の塗装は、ほかに費用がかかるので塗料にまで費用がまわらずフッ素や断熱塗料のような高耐久塗料が使用されていないことがあります。傷んだ外壁に塗装しても密着性が悪く本来の効果が発揮できないので早めの修繕が求められます。 外壁塗装する目安として、サイディングの外壁で7年から、モルタル塗装で10年からが一般的です。また、近年では外壁塗装材も進化しており、夏は涼しく冬は暖かい遮熱性・断熱性を備えたものや地震対策として耐震性を備えたもの、光触媒により防汚・防カビ・大気浄化する機能をもったものなど機能性を備えた新素材塗料の開発により、環境保全にもつながっています。

NEWS

外観を綺麗に

住宅のエクステリアというのは、誰でも気を使いたいものです。住宅の見た目となるエクステリアを整える為に、リフォーム業者を利用する人もいるでしょう。快適な空間にする為の大きな味方と言えます。

Read More

塗料の種類

住宅を綺麗に見せる為に、外壁塗装業者は必要不可欠な存在だと言えるでしょう。業者が使用する塗料には複数の種類があります。種類によって、効果が異なるでしょう。カビ対策になる塗料もあるのです。京都で探すときには、身近なところを探しましょう。

Read More

2つのメリット

外壁塗装をするメリットは大きく2つあります。外観を綺麗に見せることと、住宅の劣化を食い止めることです。大きなメリットとなるこの2つがあることによって、外壁塗装業者の需要はなくならないと言われています。

Read More